審査のハードルが高い銀行系のカードローン

銀行グループのローン会社は審査のハードルが高く、きちんと返してくれる顧客だけを選んで対応します。反対に審査の緩い消費者金融業者は、少しぐらいリスクの高い顧客でも、貸し付けてくれることが多いです。
規模の大きい消費者金融業者では、リボ払いのような支払い方を活用した際に、年利が15%~18%の計算になるなど予想外に高くなるので、審査のきつくないキャッシング会社のローンをうまく活用した方が結果的に得になります。
標準的な消費者金融の場合だと、無利息となる期間は結局1週間程度なのに対し、プロミスの方は新規申込時に最大30日もの間、無利息という金利でお金を貸してもらうということが可能です。
今現在は同業の消費者金融間で低金利の競争が勃発していて、上限金利を割り込むような金利設定になることももはやおかしくないというのが今の状況です。何年か前の金利を思うと信じられない思いです。
審査に要する時間が短く即日融資に応じることもできる消費者金融業者は、今後さらにニーズが高まると推定されます。今までの間にブラックになってしまった前歴のある方でも観念することなく申請することをお勧めします。

コメントを残す